快適環境を作る家電品 除湿機を活用

快適環境を作る家電品 除湿機を活用

家電、除湿機について

家電、除湿機は湿度を下げる機器ですが、様々なタイプがあります。それでは三つの除湿方式の説明とメリット、デメリットを紹介します。一つ目はエアコン方式と同等のコンプレッサー式といいますが、取り入れた空気を冷却し、水滴にしてタンクに貯めるやり方です。「メリット」は夏場や梅雨時の気温が高く、湿度の多い時期に効果が多く得られます。また消費電力が少ないので電気代が安くなります。「デメリット」としては、冬場の季節は空気の温度が低いので、水滴に成りぬくい為に除湿効果が半減します。

それとコンプレッサーの運転音が大きく気になりやすい。次にデシカント式ですが、乾燥剤に水分を含ませて、それをヒーターで温めてから、次に冷やし水滴にしてタンクに貯蔵するやり方です。「メリット」はヒーターを使用するので、室温が低くても除湿の効果を維持できます。このタイプは、寒い季節が特に効果が出やすい様ですが、一年中使用可能で運転音も比較的静かです。「デメリット」としては、ヒーターを使用する為消費電力が上がり電気代が高くなります。この方式はコンプレッサー式より電気代がかなりアップする様です。

それからヒーター使用による、室温が上昇します。最後にハイブリット式ですが、コンプレッサー式とデシカント式を組み合わせた方式で、気温に応じて除湿方式を切り替え可能であり、季節の変化に関わらず一年間通して平均的に除湿効果を維持できます。「メリット」気温に左右されず一年中通して使用可能です。「デメリット」は消費電力が上がり、電気代が高く付きます。近年は除湿乾燥機の名称で販売しているケースもあり、室内干し洗濯物の結露防止にも一役かっている様です。

Copyright (C)2017快適環境を作る家電品 除湿機を活用.All rights reserved.